Home » 日光観光ニュース » 詳細

日光観光ニュース

【NEWS】日光霧降アイスアリーナに早くも「鍋」シーズン到来

2013-09-25
日光霧降アイスアリーナに早くも「鍋」シーズン到来
~飲食売店“岩下食堂”で「ぽかぽか岩下の新生姜鍋」提供スタート~
 H.C.栃木日光アイスバックス(以下 日光アイスバックス)のスポンサーである、「岩下の新生姜」でおなじみの岩下食品株式会社(本社:栃木県栃木市、代表取締役:岩下 和了、以下 岩下食品)は、日光アイスバックスのホームスタジアムである日光霧降アイスアリーナ内の飲食売店で、2013年9月14日(土)のホーム開幕戦より「ぽかぽか岩下の新生姜鍋」を提供開始。いち早く「鍋」シーズンが到来します。
 
 本飲食売店は、日光アイスバックスの運営会社である株式会社栃木ユナイテッド(栃木県日光市、代表取締役:セルジオ越後、以下 栃木ユナイテッド)が運営され、岩下食品が“ぽかぽか実感”をテーマにプロデュースをして「岩下食堂 CAFE NEW GINGER」としてオープン、ホーム試合開催日に展開されます。
 
 日光霧降アイスアリーナ内の温度は9月でも10℃前後と寒い環境な為、岩下食品は、日光アイスバックス、栃木ユナイテッドとともに、「ぽかぽか岩下の新生姜鍋」をはじめとする“ぽかぽか実感”メニューの提供を通じて、アイスホッケー観戦に来場されるみなさんの心と身体を温め、サポーターの熱い声援の原動力となることを目指しています。
 
■「岩下食堂」概要
店舗名:岩下食堂 CAFE NEW GINGER
展開場所:日光霧降アイスアリーナ 2階 東側飲食売店
展開期間:アジアリーグアイスホッケー2013-2014レギュラーシーズン 日光シリーズ・ホーム試合開催日(18試合)
※試合開催日は、アイスバックスの公式サイトにてご確認いただけます。
H.C.栃木日光アイスバックス公式サイト  http://www.icebucks.jp/
 
■岩下食品プロデュース“ぽかぽか実感”メニュー
[1] ぽかぽか岩下の新生姜鍋 
  第1弾 新生姜の博多風水炊き鍋・・・500円
[2] アイスバックス生姜部 新生姜deヒーロー丼 
  第1弾 #44福藤豊の新生姜でぷら酢ベジ イタリアン唐揚げ丼・・・780円
[3] ごち爽キムチの豚キムチーズドッグ・・・380円
[4] 岩下の新生姜一本串・・・150円
[5] 焼酎お湯割り 新生姜入り・・・500円
[6] ホットジンジャーワイン・・・500円
[7] ホットジンジャーラテ・・・350円
※価格はすべて税込み
※新生姜鍋と新生姜deヒーロー丼の2品は、シーズンを第1弾から第3弾に分け、それぞれ異なるメニューを提供します。
・第1弾:2013年9月~10月
・第2弾:2013年11月~12月
・第3弾:2014年1月~2月
[選手試食会]
9月10日(火)に実施した選手試食会では、「おいしくて身体が温まって最高」「鍋に新生姜はおいしい」「ベンチにも欲しい」などの声があがり、参加選手全員から“ぽかぽかを実感した“との太鼓判をいただきました。試合観戦に来場されるみなさんに“ぽかぽか実感”メニューとして、自信をもっておすすめします。
 
■オープニングセレモニー
 ホーム開幕戦であるオープン初日、日光アイスバックスの運営会社である栃木ユナイテッド代表取締役 セルジオ越後氏、「岩下食堂」名誉店長に就任した日光アイスバックス前監督 村井 忠寛氏らによるテープカットなどのオープニングセレモニーを実施します。
 
[開催日時・場所]
9月14日(土)14:50~ 日光霧降アイスアリーナ 2階 東側飲食売店「岩下食堂」前
※入場の状況により、開始時間が早まる可能性があります。
 
[参列者]
株式会社栃木ユナイテッド 代表取締役 セルジオ越後
「岩下食堂」名誉店長(株式会社栃木ユナイテッド 事業推進/営業) 村井忠寛
岩下食品株式会社 企画開発部 部長 渡邊尚樹
■H.C.栃木日光アイスバックスについて
チーム名: H.C.栃木日光アイスバックス 
創部: 1999年(平成11年)
ホームタウン: 栃木県日光市 
ホームスタジアム: 栃木県立日光霧降アイスアリーナ 栃木県日光市所野2854 (収容人数2,000人)
運営会社: 株式会社栃木ユナイテッド 
代表者: 代表取締役 セルジオ越後 
URL: http://www.icebucks.jp/
 
■お問い合わせ先
 
岩下食品株式会社 企画開発部(マーケティング)
Tel : 0282-22-3124(代表)
Fax : 0282-22-3050
E-mail : marketing@iwashita.co.jp

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


日光観光ニュース
日光観光ニュース
2014年
2013年
2012年

ページトップへ